名古屋で理想の家を作りたい! 業者を30社徹底調査したオリジナルレポートサイト

私が比較検討したメーカーの調査結果一覧はこちら♪

MV

家づくり失敗談

マリコの親友・ハナの失敗談~収納はどっさり目にしとこう~

私・マリコの高校時代からの親友であり、お互い主婦になった後も仲良しのハナ。
実はハナの建てた家を見て、私も建てたい~!って思ったんだよね。
そんな彼女に、「あ~しておけばよかった…」という、家づくりの失敗談をインタビューしちゃいました!

収納って、すごく大事!

昔から付き合いのある、地元の工務店に注文住宅を依頼したハナ。
ちなみに旦那さんは、私たちの高校の先輩で、当時みんなのあこがれだった人(笑)。

「工務店の職人さんたちとも、小さいころから遊んだりしているから、私たちの伝えたいデザインや仕様もすんなり理解してもらったから、打ち合わせはスムーズに進んだんだ。
最初は大手のハウスメーカーに頼もうと思ってたんだけど、やりたい設備が追加仕様になっちゃって、オプション代がかさんじゃったので、諦めたの。
でも、お蔭で工務店に頼むことになって、費用もだいぶ抑えられたから満足♪」

外観も白を基調としたシンプルなデザインで、飽きずに長く住めそうな印象。
一見して、何の欠点もないハナの家だけど、いったい何が失敗なの?

「収納が少なすぎたこと。
例えば、玄関のシュークローク。今までは私と旦那の靴だけで済んでいたけど、子どもが増えたら絶対に足りなくて、靴が常に出ている状態になるのがすごく嫌。
あと、ベビーカーとかを入れられるくらいの、大き目の収納があったらな、とも後悔してる。
あと、最大の失敗は収納を二階に集中させてしまったこと。
一階のリビングを広々使いたいことから、二階に収納をたくさん入れたんだけど、重い荷物も階段を上って持っていかなくちゃならないし、それが歳を取った後も続くとなると大変で…収納って、ただ増やすだけじゃなくて、考えて配置しなくちゃいけないって、建てた後に学んだよ(笑)」

私もいくつかハウスメーカーに相談した際、どの会社も「収納は多いほうがいい」といわれたので、大切だということはわかる。
だけど、今回のハナの話で、ただ収納も増やすだけじゃダメなんだ、ということを知りました。
老後の収納や、使いやすさについても考えて配置することが大切なんだ!
ありがとうハナ、今度子どもも連れて一緒にランチしよう(笑)。

Maricoが選んでみた

このサイトで比較検討している業者さん