名古屋で理想の家を作りたい! 業者を30社徹底調査したオリジナルレポートサイト

私が比較検討したメーカーの調査結果一覧はこちら♪

MV

イベント参加のポイント

構造見学会に関するポイント

構造見学会に関するポイント 完成見学会とは異なり、施工途中の現場を見学することで、どのような構造になっているかを確認するのが構造見学会です。
家は外観デザインも大事ですが、災害にも耐えられるしっかりとした造りも欠かせないもの。構造見学会はそれを目で確認できる貴重な見学会です!

「中身」を見るのが構造見学会

完成見学会やショールームは完成した家を見せるのに対し、構造見学会は建築途中の家を見ていきます。
家が完成してしまった後、構造を見ることはできないので、肉眼で造りを確認できるのは構造見学会のみ。完成見学会やショールームが「外観・内装・デザイン」を体感するものだとしたら、「中身・内容」を体感するのが構造見学会といえます。
もちろん、素人がただ施工途中の様子を見ても、どうなっているか理解しずらいです。
なので構造見学会をしている住宅会社の営業マンが、不明な点をわかりやすく解説してくれるので安心です♪

構造見学会のメリット

一番のメリットは、完成後に隠れてしまう部分を自分の目で確認できるところ。
詳しい構造については営業マンの説明に従うしかないですが、施工の様子を見ることができる点も重要です。
現場の雰囲気や、細かい部分も丁寧に仕上げてくれているかなど、その場の空気を感じることで、信用できるかどうかのポイントになるんです!
見えない部分も手を抜かずにいてくれる、そんな会社を見つけることができるかも。
また、自分の家を構造見学会の会場として提供すると、無料で設備を追加してくれたり、割引してくれるケースもあるそうです♪

構造見学会のデメリット

見学するにあたって、デメリットはほぼないといっていいです。
ただし、自分が構造見学会を主催する側になると、割引などサービスをしてくれることもある反面、デメリットもあります。
構造見学会には様々な人が参加します。中には窃盗犯が紛れ込んでいる可能性も否めず、完成した後に侵入されてしまう、という話もあるとか。
防犯上の理由で、構造見学会などを拒否する人も多いので、そこは慎重に見極めることが大事ですね。

Maricoが選んでみた

このサイトで比較検討している業者さん